Top >  サーマクール >  皮膚の構成要素(エラスチン)

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

皮膚の構成要素(エラスチン)

コラーゲンと同じ繊維状のたんぱく質でるエラスチンは、ゴムのように伸びる性質があり、肌の組織に柔軟性・弾力性を与えています。
また、サーマクールが働きかけるコラーゲンと同じ皮膚の真皮層にある肌の成分です。
皮膚以外にも、腱・靭帯・血管壁など伸縮性が必要なところに存在します。
加齢とともに肌の構成要素はみんな減っていくので肌の老化は早く、ヒアルロン酸やコラーゲンと同じように、エラスチンも年をとると段々と減っていきます。
肌が老化してくるとしわやたるみの原因になります。
牛すじ肉・手羽先・軟骨などが、エラスチンをたくさん含んでいる食べ物になります。
寝ている間に再生される、コラーゲンやエラスチンを必要とする柔軟組織。
夜にこれらの食品をとることは、とても効果的だそうです。
ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどを含んだ食物を摂取するように心がけましょう。

 <  前の記事 コラーゲン注入と治療法  |  トップページ  |  次の記事 皮膚の構成要素(ヒアルロン酸)  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。