Top >  サーマクール >  皮膚の構成要素(ヒアルロン酸)

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

皮膚の構成要素(ヒアルロン酸)

コラーゲンやヒアルロン酸、これらが皮膚を構成している要素です。
最近よく聞く名前のなかに、ヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸は酸性ムコ多糖類の1つで、重要な要素だといえます。
また、人間の体の中の基本的な結合組織の中に必ず存在しているものです。
皮膚での働きにおいては、たんぱく質と結びつき、細胞の隙間を埋める基本的な成分となっています。
ヒアルロン酸は肌組織の水分の保持、肌の柔軟性・潤滑性の保持などの役目を果たし、細胞と細胞の間で水分を保つ役割をしています。
1gあたり80mlほどの水分を保持する能力を持っているヒアルロン酸ですが、加齢とともにヒアルロン酸は体から減少していきます。
年齢を重ねると、水分が保持されなくなってくるので、肌がかさかさになってきます。
そのためにも、ヒアルロン酸は食品やサプリメントから摂るように心がけ、体外からヒアルロン酸を補給し、皮膚のみずみずしさを保つことが大切です。

 <  前の記事 皮膚の構成要素(エラスチン)  |  トップページ  |  次の記事 ヒアルロン酸注入のしわ治療  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。