Top >  サーマクール >  サーマクールが現代に至るまで

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

サーマクールが現代に至るまで

サーマクールが受け入れられるようになるまで、深いシミやたるみなどを改善するためには外科手術という方法しかありませんでした。
術部の傷跡や腫れなど、回復にはかなりの時間がかかりました。
また手術となると麻酔のリスクがあり、フェイス部分ですと全身麻酔になります。
そこに現れたのがサーマクールです。
1995年に創設された会社、アメリカサーメージ社によって作られたサーメージをいう機械によってしわやたるみの本格的な光治療が実現しました。
1997年に最初のサーマクール用サーメージ治療器が作られ、その後改良されました。
そして2002年、アメリカFDA食品医薬品局によって安全性が承認されました。
その後、アメリカで広く受け入れられ、今では全世界に広まっています。
現在でもどんどん改良され続け、目の周りの治療などを可能にしたり、照射時間を短く、照射回数が大幅にアップしたスーバービッグファストチップという新しいチップなども作られています。

 <  前の記事 サーマクールの副作用・リスク  |  トップページ  |  次の記事 サーマクール以外の光治療?  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。