Top >  しわ治療いろいろ >  光治療以外のフェイスリフトの治療法

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

光治療以外のフェイスリフトの治療法

光治療によるたるみやしわなどの治療法の他にも、糸を使ってフェイスリフトを行うし術もあります。
フェイスリフト(メスを入れて行う外科手)よりもからだへの負担は少なく、あまり傷跡も目立ちません。
ただ体の中に異物を入れて施術をするので、施術後の生活や体重変化によっては表情に変化があるかもしれません。
特殊なポリプロプレン糸(アプトス アプトス糸)を用いて行いて施術され、アプトス糸の周りに強い繊維性組織が形成され、組織が修正されることによりたるみが改善されます。
他にも、アレルギー反応を起こしにくい24金の純金の糸を使うフェイスリフトがあります。
金の糸を挿入することによりコラーゲンの増殖を図り、筋肉細胞が活性化し、皮膚内部から活性化していくのでいろいろな美容効果があり、その効果も10〜15年続くといわれています。
他にも、1年ほどで体内に吸収される糸を使っているハッピーリフトがあります。
ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促すための効果もあり、一時的なフェイスリフトだけではなく、水分保持力を高め、お肌のハリやお肌を若返らせる働きがあります。

 <  前の記事 サーマクールとポラリスの違い  |  トップページ  |  次の記事 フィラー(充填剤)注入術  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。