Top >  しわ治療いろいろ >  コラーゲン注入と繊維芽細胞

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

コラーゲン注入と繊維芽細胞

ヒアルロン酸注入、コラーゲン注入、ボトックス注射などが、しわの治療法としてつかわれています。
この再生医療で使われるものがコラーゲンですが、普通の牛のコラーゲンを使用するコラーゲン注入と違い、自分のコラーゲンを外部で培養しそれを皮膚内に戻す注入方法がいま注目されています。
またそのために、コラーゲンを作る繊維芽細胞という細胞を培養します。
ふつうのコラーゲンを注入しても、もって6ヶ月で時間が経てば分解吸収されてしまい、もとの状態に戻ってしまいます。
しかし繊維芽細胞なら、それ自体が細胞を培養し次々とコラーゲンを作ってくれるので、若い頃の肌の状態を維持していくことも可能に近いのです。
残念ながらこの治療法は、まだいろいろな面において技術的な解決がされていないところもあるようです。
免疫という面においても、自分の細胞とはいえ使用できない人もいらっしゃるようです。

 <  前の記事 フィラー(充填剤)注入術  |  トップページ  |  次の記事 コラーゲン注入と治療法  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。