Top >  サーマクールと施術医 >  フェイスリフト外科手術(光治療)

スポンサードリンク

若返り・アンチエイジングの詳細情報

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルを
生み出した「シロノクリニック」

しみ・しわ・ニキビ跡など様々なお悩みに!1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があります。
WEBからの初診のご予約で初回カウンセリング料3150円無料!

フェイスリフト外科手術(光治療)

フェイスリフトはサーマクールのような光治療の他にも、以前からある歴史も長い外科手術という方法もあります。医師の技術やスキルがかなり進歩したことにより、以前より傷も目立たなくなってきました。
この外科手術には入院が必要です。
また手術の際は、全身麻酔をします。
術後2週間ほどで抜糸ができるようになり、腫れが引くのには数ヶ月かかります。
また包帯が取れない時期もあります。
自宅に帰ってからも、自分で消毒をする必要があり、顔のまわりを切るので洗顔や洗髪にも気を付けなえればなりません。
退院してからも、数回の通院が必要となってきます。
長いあいだ持続効果のある外科手術は、ヒアルロン酸などの注入剤治療やサーマクールなどの光治療などの効果が薄れてくるフェイスリフトとは違います。
こめかみのへこみ、ほほのくぼみ、上まぶたのくぼみ、ほほのたるみ、法令線、口元、マリオネットラインなどのフェイスリフトが行えます。
外科手術をおこなう際には、できれば受けた方の体験談や感想などを聞き、症例を見せてもらうことが大切です。

 <  前の記事 サーマクールとフェイスリフト外科手術との違い  |  トップページ  |  次の記事 ポラリスの治療法  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「サーマクールを受けてみた」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。